ギャンブル史 – 起源

ギャンブルは、最古の古文書が書かれるずっと以前から存在していたと考えられています。その古文書には、ギャンブルゲームの人気が高まり始めた時のことが記されています。その古文書とは、7世紀に書かれた「日本書紀」のことで、当時の天武天皇についてや、盤すごろくと呼ばれるバックギャモンに似たさいころゲームについて記されています。

しかしながら、次代の持統天皇は、そうしたゲームを天武天皇ほどは好まず、すごろくを禁止してしまいました。人というのは規則があればそれを破るのが世の常で、市民の間ではギャンブル人気は支持され続け、不法賭博が行われて、競馬や闘鶏などあらゆる種類の賭け事が行われていました。ギャンブルはかつての古都・京都でもっとも盛んにおこなわれました。残念ながら、この不法で行われたギャンブルは、悲運な結末を招きます。

13世紀になって9つもの布告が出され、いかなる類のギャンブルも厳しく禁じられたのです。これらの規則を破った罰は非常に重いもので、武士の時代にも引き続き適用されました。プロの賭博師も厳重に罰せられ、天皇側近の人々のみがギャンブルを楽しむことが許されていました。

しかし18世紀になって、賭博の人気再燃の時代が訪れたのです。政府は法律によってギャンブルを規制しようと、ギャンブルを軽・重の二つのカテゴリに分類しました。これはキツネ、チョボイチ、ヨイドなどのゲーム人気が広がっていったことを意味しています。

そしてついに、ギャンブルの暗黒時代が20世紀初頭、正確にいうと1907年に再来。当時の禁止令によって西洋から入ってきたギャンブルゲームの流行が阻まれ、それによって新たな日本独自のゲームの誕生へとつながっていきました。

誰もが知るパチンコは、コリント(Corinth)という子供のゲームに由来し、1920年代に生まれました。第二次世界大戦勃発まではパチンコ店は客であふれ、そこには膨大な数のパチスロットが置かれて、市民が何時間もその前に座り込んではプレイしていました。これらのスロットと通常のスロットとの違いは、パチスロットでは運のみが勝因なのではなく、勝つにはスキルが要求されるということです。パチンコは第二次世界大戦中禁止されていましたが、政府当局はプレイヤーたちがパチスロットを楽しむことをやめさせることはできませんでした。

国内で人気のもう一つのゲームは、麻雀です。兵士の平山三郎が1924年に中国からもたらしました。彼は麻雀学校を開設して麻雀を日本で流行らせました。その後しばらくして、麻雀の日本版が誕生。今日、麻雀は、賭博ゲームの中で最も人気の高いゲームと考えられており、プロの麻雀士も存在します。彼らはトーナメントに出場して巨額の賞金を稼ぎます。

現在、スポーツ賭博や宝くじは合法となっていますが、カジノの実店舗は全国に一つも存在しません。しかし、政府はカジノ合法化へと進めており、プレイヤーたちにセキュリティーを提供する非常に厳重な措置が伴います。

インターネットの到来と急速な情報の拡散により、ギャンブルゲームの人気は予想以上に増大し、特に欧米のゲームの人気が高まりました。このことの理由の一つとしては、ポーカーやルーレットなどを扱った映画による影響でしょう。日本のギャンブル業界には明るい未来が待っていると考えられています。